高血圧 遺伝

高血圧と遺伝を考える

「高血圧は遺伝する」か?

「高血圧は遺伝するか」と言われれば、高血圧もちを両親に持っているひとは、是が非でも否定したくなるものです。高血圧により起こりうる病気――――たとえば脳卒中ですとか心不全ですとか――――の恐怖は、高血圧の家族を持っていないひとよりもずっと身近に感じているはずですし、場合によってはすでに闘病生活を送っている家族を見ているかもしれません。
このように、「高血圧」が身近にあるひとにとって、「遺伝」という言葉は、非常に「クリアな」恐怖心でもってのしかかってきます。そもそも、本当に高血圧は遺伝するのでしょうか?

数値でみる、高血圧と遺伝

答えは残念なことに「イエス」です。高血圧は遺伝によって大きく左右されることがすでに証明されています。その具体的な数字もでているので、一つずつみていきましょう。片方の親のみ高血圧の場合、その子供が高血圧になる可能性は、およそ25〜35パーセントだといわれています。
これを基準に、「両親とも高血圧」「両親とも高血圧ではない」というケースをみていきましょう。後者の場合は10パーセント以下で、非常にリスクが少ないです。対して前者は、50〜60パーセントと、なんと半数を超える数字です。
しかしこれは「高血圧そのもの」が遺伝するのではなく、「高血圧になりやすい資質」が遺伝するということです。ですから生まれた直後に異常な数値をたたきだす、という可能性はほとんどありません。