血圧200

【200】血圧200の恐怖

血圧の範囲と状態について

通常、血圧は上が130、下が80とされています。今回は、この中でも「上の」血圧に着目していきましょう。
血圧が140未満で、「正常高値血圧」。「正常の域には収まっているけれど、少し気をつけたほうがいいよ」という数値です。これが160になると高血圧とされ、軽度のもので、節制が必要です。180までは中程度と認識されており、大幅な生活改善が必要です。さらにこれをこえると、生活改善に加えて、ある程度継続的な薬の投与が必要になる「重度」となります。
180以上の段階でかなり危険なのですが、さらにその上があります。

血圧200…その危険性

それは、200を超えた場合。これは「即時病院にいかなければ命が危ない」と判断される高さであり、非常に危険です。
さらにこの中の200人に1人が発症する悪性高血圧(210以上)は、その名前のとおりとても「悪質」です。この状態を放置していると、1年以内に死亡するとさえ言われています。しかもこの血圧は40才前後の男性に多く、「家族のために」「会社が休めないから」とみすごしているうちに悪化する可能性が非常に高いのです。
200以上になると、常に熱が出た状態になり、まともに思考することはとても難しいとされています。ただ、本人にとってはそれが「普通」の状態になってしまうため、見過ごされてしまうのですね。「異常値がでたら会社を休んででも病院へ」というのが基本の考え方です。

 

血液サラサラ、世界が認めた白井田七